PHP 掛算の表の作成 (for構文)




ちょっと数学に挑戦です。
今回は掛算99の表を作ってみます。
最近ではインド式の19×19が流行っているみたいなので19×19で作ってみます。
(インドでは19×19まで暗記するらしいですね。)
まずは3×3の表を作ってみましょう。

プログラムを作るにあたって、変数にできる部分を見つけましょう。
(法則を見出すことが重要ですね。)

まず、1行目と2行目は同じ数字が入るので、1行目は特殊なものとして扱います。
1行目の数値を変数 『 t 』 としましょう。(上記画像、赤部分)

2行目、3行目・・・は同じパターンだということがわかります。
一番左のセルに行番号がきて、後は行番号×1行目の数値が並んでいきます。
よって、行の数字を変数 『 i 』 とします。(上記画像、青部分)

行の数字に1・2・3・4・・・と1から順に数字を掛けていくので、
この掛けていく数字を変数 『 j 』 とします。

よって、掛算の表に入っていく数字は、『 i 』 × 『 j 』で表せます。

下記のソースが九九 3×3を表示するものになります。まず、見てみましょう。

 
『ソース:3×3の表』

部分ごとに分解しますと
テーブルなので、<table></table>を入力し、その中にソースを記載していきます。

下記が最初の図の赤字部分を表示します。
変数 『 t 』 が 0~4未満まで増加して(今回は0から1ずつ増やして4未満までなので、実際には3)で止まります。

実行されると以下のようなHTMLが生成されます。

こちらはfor構文の中にfor構文が入っている2重構造になっています。
プログラムの動きを追ってみましょう。
まず、一番左の列(1・2・3・4と増えていきます)

<tr> ← print(‘<tr>’); が実行されます。
<th>1</th> ←  print(‘<th>’.$i.’</th>’);
ここまでが外側のループです。

ここから内側のループに入ります。変数『 j 』が1から3まで増加します。

これで内側のループが終了です。

最後に『</tr>』が必要なので外側のループが</tr>を表示させます。

これを条件が満たされるまで繰り返していきます。
いま、条件の数字が4未満となっているので、19×19にしたい場合は、4を20に変更すればOKです。




人気記事一覧


関連記事一覧

This entry was posted in PHPのプログラム and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">