sleep




sleep

『基本』
説明 指定した秒数ぶん、プログラムの実行を遅延させる
区分 その他関数
 

『書式』
sleep(秒数)

 
【例】

echo date(‘h:i:s’)
sleep(20);
echo .’ 遅延後:’date(‘h:i:s’)

 
【実行結果】
01:20:10 遅延後:01:20:30

APIなどで「リクエストを1秒以上の間隔にすること」と指定があった場合などに使います。

人気記事一覧


関連記事一覧

This entry was posted in PHP関数 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。