date (PHP関数)




date

『基本』
説明 ローカルの日付・時刻を書式化
区分 日付・時刻関数
 

『書式』
date(書式,タイムスタンプ);
例:date(“Y年m月d日 H時i分s秒” , mktime(0,0,0,1,1,2010));

 

『引数』
d 日、二桁の数字 01~31
D 曜日。3文字テキスト Sun~Sat
j 日。先頭に0無し。0~31
l 曜日。フルスペル。Sunday~Saturday
N 曜日の数値表現(月曜日=1,日曜日=7)
w 曜日。数値(日曜=0,土曜=6)
z 年間の通算日(0~365)
F 月。フルスペル(January~December)
m 月。数字。2桁(01~12)
M 月。3文字形式。(Jan~Dec)
n 月。数字。先頭に0無し。(1~12)
t 指定したつきの日数(28~31)
L 閏年かどうか。(1は閏年。0は閏年でない)
Y 年。4桁数字。例)2010
y 年。2桁数字。例)10
a 午前・午後(小文字)am,pm
A 午前・午後(大文字)AM,PM
g 時。12時間単位。先頭0無し(1~12)
G 時。24時間単位。先頭0無し(1~23)
h 時。数字。12時間単位(01~12)
H 時。数字。24時間単位(01~23)
i 分。先頭に0有り。(00~59)
s 秒。先頭に0有り。(00~59)
 

『返値』
成功時 日付を表す文字列を返す。
失敗時 timestampに数字以外が使用された場合FALSEが変えされる。E_WORNINGレベルのエラーが発生。

※Unixタイムスタンプについて
PHPでは時間をUnixタイムスタンプという形で処理しています。「1970年1月1日の00:00:00」を起点にしています。




人気記事一覧


関連記事一覧

This entry was posted in PHP関数 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">