配列の作成(array)




配列を作るにはarrayを使います。

通常、変数は1つしか値を持てないので、

$kamoku1=’国語';
$kamoku2=’算数';
$kamoku3=’理科';

変数を使って設定しようとすると上記のようになりますが、「科目」といういれものをつくっておいて、「科目の1番目=国語」「科目の2番目=算数」みたにデータを取り出せたら便利ですよね。

これを実現するのが配列です。

具体例は下記のようになります。

 

Array
(
    [0] => 国語
    [1] => 算数
    [2] => 理科
)

pre_dump($sample);で
 
このように、配列に入っていることが確認できます。

[0][1][2]と番号が付いています。配列は0番から始まります。

値を取り出すにはこのように記述します。



人気記事一覧


関連記事一覧

This entry was posted in PHP and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">