ユーザーの追加方法 useradd (Linux)




Linuxでユーザー登録する方法です。
「useradd」を使います。

「useradd」のデフォルト値の確認

デフォルト値は以下のコマンドで確認します。

# useradd -D

 
結果

GROUP=100
HOME=/home
INACTIVE=-1
EXPIRE=
SHELL=/bin/bash
SKEL=/etc/skel
CREATE_MAIL_SPOOL=yes

GROUP・・・グループのIDは100 ※Red Had系ではグループIDは500か
HOME・・・デフォルトのディレクトリ。ユーザーのホームディレクトリは「/home/ユーザー名/」
INACTIVE・・・パスワードが無効になってからのアカウントが無効になるまでの時間「-1」は無期限を表す
EXPIRE・・・ユーザーアカウントの有効期限。値が無い場合は無期限
SHELL・・・ログインのシェル名
SKEL・・・新規ユーザーのホームディレクトリ用テンプレート

 

「useradd」で新規ユーザーを登録する

# useradd sample

 

ユーザー情報の確認

# id -a sample

 

uid=500(sample) gid=500(sample) 所属グループ=500(sample)

パスワードの設定

ユーザーを作成した直後ではパスワードは設定されません。ログインできるようにするためにパスワードを設定しましょう。

# passwd ユーザー名

でパスワードを登録します。
 
sampleというユーザーのパスワードを設定するときの例です。、

# passwd sample

 

[root@v1342 ssh]# passwd sample
Changing password for user sample.
New UNIX password:
Retype new UNIX password:

 

「New UNIX password」と聞かれるので設定したいパスワードを入力します。

「Retype new UNIX password」もう一度パスワードを入力します。

パスワード情報

ユーザーの情報は

#vi /etc/passwd

で見ることができます。
ここには1ユーザー1行でホームディレクトリなどが記載されています。

パスワードは

#vi /etc/shadow

に暗号化されて登録されています。





人気記事一覧


関連記事一覧

This entry was posted in Linux and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。