Cronが動かない場合の確認事項(LINUX)




Cronが動かないときにチェックする事項です。

サーバーのチェック

そもそも、CRONが動いているか、「/etc/rc.d/init.d/crond status」を確認してみる。

[root@ user]# /etc/rc.d/init.d/crond status
crond (pid 24367 22397 22368 1543 1290) を実行中…

・他に実行権限なども確認。

ログを確認

エラーが無いかエラーログを見てみる。

# vi /var/log/cron

エラーがあると
Dec 11 04:36:01 test crond[25915]: (root) CMD (/usr/bin/php /var/cron/cron.php)
のようにエラーが表示されます。

コマンドでファイルを実行してみる

ファイルを直接実行してみましょう。
エラーがある場合はエラーが表示されます。

/usr/bin/php /var/ /・・・/sample.php

パスの確認

パスが通っているか、確認します。

SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

ユーザー権限の確認

クローンのユーザーを設定します。

crontab -e -u root

Cronのチェック項目

・MySQLの接続情報の読み込みは行っているか
  require_once(‘ファイルのパス’)が存在するか?
  (実験時にはHeader等に読み込み情報が記載している場合が多いので、単体のファイルにrequire_onceが無い場合が多い。

・クローン情報の確認
  「crontab -e」でクローンの情報を確認
  →日時・時刻等の設定
  →ファイルのパスがあるか? 「*/20 * * * * /usr/bin/php /var/cron/cron.php」の「/usr/bin/php」の部分

・ファイル名の確認
  Crontabの内容と合っているか?

・ファイルのパーミッション

確認用スクリプトの記載

スクリプトの実行開始時間・終了時間・内容などをスクリプト確認用のDBに登録するようにすると良い。

CRONの再起動

# /etc/init.d/crond restart




人気記事一覧


関連記事一覧

This entry was posted in Linux and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">