[CakePHP] paginateの使い方




CakePHPのpaginateの使い方です。
paginateを使うとページング(ページ送り)が簡単に使えます。

[コントローラー側の設定]

 
public $paginate= という記載でpublicとして設定しても良いが、functionの中で個別に利用するには

$this->paginate=array();

 
と記載する必要があります。
 

「page」は初期状態で表示されるページ番号。デフォルトは1

「conditions」はレコード抽出条件の設定

「fields」取得するフィールド名(配列)

「sort」抽出したデータのソート設定

「limit」表示するデータ数

「direction」並び順(asc・desc)のいづれかを設定

「recurisive」再帰的データ取得の深度設定

 
 
[View側の設定]




人気記事一覧


関連記事一覧

This entry was posted in pagenation and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">