[CakePHP2]DebugKitのインストールと設定




CakePHP2をインストールすると、インストールの画面でDebugKitをインストールしたほうがいいよ!とメッセージが出ます。
CakePHP2で開発するのには絶対に導入しておいたほうが良いプラグインですね。

まず、DebugKitをダウンロードしてきましょう。
ダウンロードは以下のURLで。
https://github.com/cakephp/debug_kit

ダウンロードしたフォルダを解凍したら、フォルダ名を変更します。
「debug_kit-master」を「DebugKit」に。DとKは大文字なので注意しましょう。

そしてこのフォルダーをAPPの「Plugin」にコピーします。

コピーが終わったらbootstrap.phpに変更を加えます。
ファイルは「/app/Config/bootstrap.php」になります。
下記のソースを加えてください。(コメントアウトしてあるので、それを有効にすればOKです)

 

次にコンポーネントの読み込みを行います。
ファイルは「/app/Controller/AppController.php」になります。

 

最後に「/app/View/Layouts/default.php」で使われている「sql_dump」を削除します。

これを行うとDebugKitにsql_dumpが表示されるようになります。




人気記事一覧


関連記事一覧

This entry was posted in CakePHP and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">